Technology

R&D Director Dr. Toshinori Kuwahara

Dr. Toshinori Kuwahara

Assistant Professor, Department of Aerospace Engineering, Graduate School of Engineering, Tohoku University

(English version coming soon)

――ALEを知ったきっかけは
当時共同研究をさせていただいておりました企業様からご紹介いただきました。東北大学で研究開発を行ってきている超小型人工衛星のバスシステムをALE社のミッションに適用できないか、というお話しでした。目標地点の上層大気に人工流れ星を再突入させるためには、軌道上の放出位置、放出時の衛星の姿勢、放出の時刻精度等が関わってきます。流星源が宇宙ゴミとなることが無いよう、また流星源が他の宇宙飛翔体に衝突することが無いよう運用することが必要であり、非常に難易度が高いミッションです。このお話を最初に伺った際は正直ビックリ致しましたが、それまでの常識にとらわれない発想に関心し、超小型人工衛星の新たな可能性を探求するべく検討を開始致しました。

――岡島さんの印象は
前例に捕らわれない発想と、目標を達成することへの情熱が特徴的な非常に気さくな方というのが感想です。最初にお会いしてからまだ間もないですが、夢の実現に向けて奔走されている姿と、国際的な情報発信力、事業のメッセージ性の強さなどがとても印象的です。

――プロジェクトでの役割、技術課題は
東北大学は人工流星源放出装置を搭載する人工衛星のバスシステムの研究開発を共同で実施させていただきます。バスシステムとは、姿勢制御や地上との通信、電源や熱構造環境などの人工衛星の基本機能を司るものです。目的に応じたペイロードをバスシステムに搭載することで人工衛星が完成します。ここでは人工流星源放出装置がペイロードということになります。要求される姿勢制御を達成するためには数多くのセンサ/アクチュエータと、それらを制御する電算装置が必要となります。また、流星源の放出が衛星の姿勢に与える影響も考慮しなければならず、衛星のダイナミクスについて詳細な検討が必要となります。バスシステムを開発するにはミッションの要求を正しく理解することはもちろん、システム全体の整合性と安全性についても考慮する必要があります。

――意気込み
まだ誰も試みたことのないミッションに取り組めるというのは大変やりがいのあることです。超小型人工衛星の新たな利用法を開拓すると共に、宇宙ゴミ問題を考慮した形でシステム全体の解を見つけることが重要だと考えています。プロジェクト関係者との協力の下、新たな宇宙利用を開拓していけたらと思います。