プロジェクトメンバーの首都大学東京・佐原教授 / 日本大学・阿部准教授がJAXA相模原キャンパスにて風洞実験を行いました

プロジェクトメンバーの首都大学東京・佐原教授 / 日本大学・阿部准教授がJAXA相模原キャンパスの特殊実験棟にて、アーク風洞実験を行いました。
首都大・日大とALEの共同研究で開発された人工流れ星の元となる粒に秒速6キロを超える空気をぶつけ燃焼させるという内容となります。前回試験に引き続き、大都市圏で目視が可能な明るさで光ることが確認できました。